クライミングホールドの屋外設置

GCH製のクライミングホールドは、屋外に設置できます

クライミングホールドの屋外設置についてご質問を頂く事がありますが、まず、設置に関しては、可能、という事をお伝えします。

ただ、クライミングホールドに限らず、プラスチック製品は紫外線や水分によって劣化します。
これは、屋外に放置されたプラスチック製玩具などが退色したり、脆くなっているのを想像していただければ、理解いただけるのではないかと思います。
 

屋外設置のクライミングホールドの劣化を遅くするには

屋外に設置されたクライミングホールドが何年使用可能か、というのは使用環境によって異なります
例えば、壁の前がコンクリートの床、かつ南向きの壁に設置すると、太陽からの直接光+床からの反射光で劣化が早まると考えられますが、日陰の壁への設置であれば、同じ屋外でも劣化の進行は遅くなります
また、直接雨が当たらない壁へ設置することで、劣化の進行を遅くする事が可能です。

上記の様に環境により耐用年数は変わりますので、何年保障、という事は難しいです。
ただ現在進めている実験において、ゴライアスクライミングホールド製のホールドは、屋外放置3年くらいでは全く変化がありませんし、以下の特徴もありますので、屋外設置は出来ます、と言う事ができます。
(施工実績も多数あります)

 

劣化の進行を遅くする特徴

水分を侵入しにくくする、製造工程での前処理

ゴライアスクライミングホールドのクライミングホールドは、製造工程での処理により、雨にさらされても内部への水の侵入が少ないので、劣化の進行は遅いと考えられます。

水分に強い、素材

また、ホールドの素材がポリウレタン製であるので、(他社との比較にて)水分の侵入に強い、という要因になります。なぜなら、一部の他社製では、気泡が内部にできやすい不飽和ポリエステルを素材としているからです。
そして、ボルトオンのホールドに関しては、ボルト用のワッシャは多くの他社が鉄製なのに対し、ゴライアスではステンレス製を採用しています。プラスチック部の劣化だけでなく、錆に対しても耐久性を持っています。


クライミングホールドが劣化すると現れる特徴

クライミングホールド(というよりプラスチック全般ですが)が劣化すると、白化や黄変などの症状が現れます。
分子レベルの結合が弱まるので脆くなったり、ベタついたりする事が考えられます。
表面にそういった変化が現れたら、ご使用をお止めになる時期かと思います。
 

忘れがちな事

屋外設置をしようとしている方が意外と忘れがちなのが、取り付け面側の劣化です。
特に木製の壁に対してホールドを設置する場合、ホールドよりも先に壁がダメになります。
クライミングホールドを屋外に設置する際には、取り付け面の劣化にも気を付けていただき、メンテナンスのスパンを短くしてご利用いただければと思います。

コンテンツ

営業日カレンダー

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
定休日:毎週日曜日