クライミングホールドの形状 - ポケット -


”ポケット” と言われるホールドの形状があります。

ホールドの中央付近に穴の開いたホールドです。

ポケットホールド

この穴の大きさ・深さなどによって、難易度が大きく変わってきます。
 

ボルダリング初心者でも使えるポケットホールドとは

ポケットホールドでも、
穴が大きくて指が4本入ったり、
指が奥まで入る形状だと、
実質的に ”ガバ” に近くなりますので、ボルダリング初心者でも使えます。

反対に、
穴が小さくて指が入る本数が少なかったり、
指の入りが浅いと、
難しくなります。

特に、指が1、2本しか入らないポケットホールドは、ボルダリング初心者には難しいです。
単純に、同じ体重・力を、指4本にかけるのと、2本でかけるのでは、各指への負担が2倍違うのはお分かりいただけるのではないでしょうか。

そして、そういう高い負担がかかっているときに指が抜けると、腱を痛める場合があります。
(いわゆる ”パキる” というヤツです)
 

ムーブの精度が必要になる事も

ポケットホールドのその他の難しさとしては、
ムーブの精度が必要になる、
という事ですね。

次のホールドをジワジワと取りに行く
”スタティックムーブ”
ら良いのですが、
勢いを付けて取りに行く
”ダイナミックムーブ”
でポケットホールドを取りに行く場合、
指を入れるタイミングが正しくないと、持つことができないのですね。

怪我に気を付けて、ボルダリングを楽しみましょう。
 

シェイプ別 - ポケットホールド
 

コンテンツ

営業日カレンダー

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
定休日:毎週日曜日