クライミングホールドの形状 - スローパー -


この辺から、ボルダリング初心者には持つのが難しいホールドになってきます。

指が入り込まない、指や手のひらの摩擦で持つクライミングホールドを、
スローパー
と言います。

スローパーホールド

スローパーは大きいほど難しい

スローパーと一言で言っても様々な形状がありますが、
スローパーは、大きいサイズほど難しいと言って良いと思います。

理由としては、
小さければピンチの様に、親指の力を使うことができますが、
大きければそれができないからですね。
 

スローパーを持つコツ

スローパーは指がかかりませんので、指先の力だけあっても持つことは難しいです。
(あるに越したことはないです)

スローパーは、できるだけ壁と体を近づけ、指や手のひらの摩擦を増やすことを意識すると使えるようになります。

そのためには、股関節や膝の関節を柔軟に使うことが必要になってきます。

スローパーを持つコツを習得して、ボルダリング中級者を目指しましょう!

 

シェイプ別 - スローパーホールド
 

コンテンツ

営業日カレンダー

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
定休日:毎週日曜日